絵本・イタリアワインに続いてデザインを立ち上げましたがネタ不足でした(笑)。日々の徒然を含めて書き込むことにします。


by nikutama05

提案

 昨日、待望の提案。想像以上の提案で興奮しました(笑)。
[PR]
# by nikutama05 | 2011-01-11 18:24 | have a nice day

ファイヤーキング画像

d0047615_15154261.jpg

d0047615_15163632.jpg

[PR]
# by nikutama05 | 2010-12-08 15:16

琉球の焼き物(6)

 私が故人の作家としては一番好きな二代目仁王(小橋川栄昌)さん。これは私が持っているものの中で一番大きい花器です。

d0047615_17533125.jpg

                     ”仁王 草木花瓶”

d0047615_17542767.jpg

 仁王にしては珍しくデザイン性の高い作品。前の持ち主は仁王が晩年の頃の東京の作品展で直接これを買い求められたそうです。

d0047615_17561972.jpg

 青の縁取りと草木画、両端の三彩が絶妙のコントラストとを生み出しています。仁王の”宇宙”を感じる作品 と私は勝手に解釈しています。
[PR]
# by nikutama05 | 2008-07-08 18:01 | design(ニホン)

そろそろ再開(笑)

 絵本のブログを休止することにしたので、そろそろこちらをしましょうか(笑)?

 まずは、別枠で、、、EURO2008を見に行ってきました。ご感想などあれば、、、

d0047615_15435442.jpg

[PR]
# by nikutama05 | 2008-06-25 15:53 | football

今年のXmasディスプレイ

 やり過ぎです・・・・・(笑)
d0047615_16193086.jpg

[PR]
# by nikutama05 | 2007-12-29 16:19 | design(ガイコク)

怪獣もアートだ!(笑)

 先日ひょんなことから上京することになり、空いた時間をどうするか考えていた所、、、

 d0047615_15531850.jpgいい展覧会がありました。
 
d0047615_15531850.jpg

 入り口では拡大されたデッサンが迎えてくれます。
 
d0047615_15583948.jpg

 初期のウルトラシリーズの美術監督だった成田亨氏。彼の創作する怪獣のコンセプトは明快で、①怪獣は妖怪ではないので手足や首が増えただけの妖怪のようなものは作らない  ②動物をそのまま大きくしたものは作らない ③身体が破壊されたような気味の悪いものは作らない ということ。元々前衛美術家という肩書きですので、そちらの方の作品展示も多数あり見ごたえがありました。
 
d0047615_15592893.jpg

 図録も内容が充実していました。ついに怪獣もアートとして認識されるようになったのですね。
[PR]
# by nikutama05 | 2007-09-18 14:02 | design(ニホン)

サヨナラ

Waltor Bosseのハリネズミ君・・・
d0047615_1025785.jpg

 金欠の為、オークションに出品、売られていきました・・・・
                 サヨナラ・・・・・・
[PR]
# by nikutama05 | 2007-07-19 10:28 | design(ガイコク)

琉球の焼き物(5)

 琉球づいています(笑)。今回は、金城次郎・新垣栄三郎と並んで ”壺屋三人男”と称された、小橋川永昌、通称”仁王”の茶碗です。

d0047615_10494355.jpg

 戦前から戦後の一番困難な時代に駆け抜けた偉人、戦前は古典焼などを作っていたようですが、戦後赤絵を始めてから一挙に評価が上がりました。
d0047615_1051996.jpg

 赤絵も朱がかったものが多いですが、これは本当の”赤”って感じです。同時に施された”青”とみごとな対をなしています。このバランスが私は大好きです。
d0047615_10524344.jpg

 銘も筆で”仁王”としっかり書かれています。時期により色々な銘があるようですが、私はこれが一番好き。
 
 琉球の民芸が再評価されてきた昨今、値段が上がってきて良いものも見つかりにくくなってきています。今のうちに探しておかないと・・・。
[PR]
# by nikutama05 | 2007-06-14 12:47 | design(ニホン)

琉球の焼き物(4)

 今回は、今私が最も好きな作家さんです。

 茂生窯 上江洲茂生 作 厨子甕(ずしがめ)
d0047615_16552424.jpg

 厨子甕は、琉球の骨壷です。立派なものは幅40cmくらいになりますが、これは12cm(笑)のミニミニサイズです。何度も琉球で色々焼き物を購入してきましたがこれは初めてです。
d0047615_1745795.jpg

 本格的なものは長方形が多いのですが、これは正方形、でもしっかり屋根も乗っています。形は新しいですが、色彩はしっかりと伝統の三彩でお気に入りの一品です。上江洲さんはこの他に六角形の物も作っているようですが見た事ありません。
d0047615_1764451.jpg

 上江洲さんは高校生の頃これを造りたいと思い陶工への道に進んだ変り種です。今は造る人も限られる厨子甕ですが、ライフワークとしてこれからも造り続けて行くとのこと、いつか大きな立派な物が欲しいです。そう言えば、春先のBRUTUSの沖縄特集で上江洲さんと厨子甕が紹介されていて、ナビゲーターが18万で譲ってもらっていましたが、ああいうことは一般的にはありません。羨ましい限りです。
[PR]
# by nikutama05 | 2007-05-18 17:16 | design(ニホン)

またもや琉球へ(3)

 翌日は連休真っ只中。早め早めに移動する。ユイレールに乗り首里へ。
d0047615_126955.jpg


d0047615_1264579.jpg

 首礼門は赴きがありました。確かこれだけ戦火の中生き延びたんでしたよね?

 早めに那覇市外に戻り、空いたばかりの公設市場で朝・昼食を取る。お目当ての店に無事入ることができました。
d0047615_1285198.jpg

 定番1 ゴーヤチャンプル ゴーヤが瑞々しく新鮮で美味しい。
d0047615_1295022.jpg

 定番2 ソーミンチャンプル この店のは少し中華風の味付けで絶品でした。
d0047615_12111438.jpg

 定番3 山羊肉のニラ炒め これも絶品です。公設で山羊肉は珍しい。
d0047615_1212159.jpg

 定番4 スクガラス 古酒飲みたくなりました(笑)
d0047615_1213133.jpg

 店を出る頃は既に観光客でごった返しています。作戦成功。

 後はいつものコース。何軒かに顔を出し、何品か購入。詳細は後日アップします。

d0047615_12152222.jpg

 帰りの飛行機で不思議な光景が・・・。雲と雲の間に赤い光が挟まって延々と続いていました。

 疲れたけど、息抜きができた旅でした。異国でのドライブも楽しいもんですね。
[PR]
# by nikutama05 | 2007-05-08 12:16 | trip